NEWS合格体験記

合格体験記
2016 年 08 月 12 日
岐阜高校 普通科合格 合格
平光 由依さん(長森中学校卒業)

 高校受験の上で最も大切なものは、気持ちです。「あの高校へ行きたい!」。この気持ちが強ければ強いほど、テレビや携帯への誘惑に負けることも少なくなります。そして、その気持ちを最後まで貫いて欲しいです。受験が近づくにつれて、ライバルにしていた塾の仲間や自分よりも学力が上の友達が、志望校のランクを下げるようになりました。みんな志望校を変えていくのに自分はこのままでいいのか…と悩みましたが、塾の先生の言葉を受け、岐阜高校を受験することを決めました。そして、合格できました。もしあの時、受験する高校を変えていたら、合格したとしてもきっと後悔していたと思います。だから、周りがどうだろうと自分の意志を貫いて欲しいです。
 もう1つ私が大切にしたものは、”スキマ時間”です。塾長の「スキマ時間をどう有効的に使うかが合否につながる」この言葉を信じ、早起きした朝や車での移動時間、髪を乾かしている間、寝る直前など、ちょっとしたスキマ時間を見つけ、教科書を読むようにしました。こうしたほんの少しの積み重ねが合格につながったと信じています。
 そして「自習室」、これを最大限に活用してほしいです。自習室は、何の誘惑もなく、またすぐ近くに友達の頑張る姿があり、とても整った環境であると言えます。家ではなかなかはかどらない私も、自習室のおかげで思う存分に勉強できました。塾、塾の先生、家族、友達、みんなに感謝しています。