NEWS合格体験記

合格体験記
2016 年 08 月 09 日
岐阜北高校 普通科合格 合格
北川 奈菜さん(蘇原中学校卒)

 私は小学6年生の時から、東進ゼミナールに通ってきました。その中で特に私の支えになったのは、ライバルと先生方の存在です。東進では、毎月の月例テストや実力テスト、岐阜新聞学力テストなどの大きなテストがある度に点数と順位が掲示されます。そして、普段の授業の席順やクラスは成績順で決められます。私が塾に入りたての頃は、成績がとても良いわけではなかったので、点数や順位が掲示されるのがとても嫌でした。悪い結果を知られるのが怖く、恥ずかしいと思っていました。しかし、このままではダメだと感じ、考え方を変えて、自分よりも上にいる人たちをライバルだととらえ、次こそはぬかしてやると強く思って勉強に励みました。すると、だんだんと成績も上がり、自分に自信を持つことができました。ライバルは私にとって自分を強くしてくれる存在でした。
 そして、いつも私の味方でいてくださった先生方。理解できない部分は、紙に図を描いたり、資料を印刷してくださって、私がしっかり理解できるまで真剣に教えてくださいました。また、思うような点数が取れず伸び悩んでいる時も、いつも気にかけてくださって、授業後の遅い時間に相談にのってくださいました。先生方のフォローは、弱い自分の大きな支えになりました。
 私がここまで頑張ってこれたのは、今まで一緒に勉強してきたライバルたちと、心優しい先生方のおかげです。東進で勉強できて良かったです。感謝の気持ちでいっぱいです。