NEWS合格体験記

合格体験記
2016 年 07 月 27 日
岐阜高校 普通科合格 合格
山岸 史弥さん(坂祝中学校卒)

 僕は中学三年生の夏に東進ゼミナールに入りました。中学二年生の頃に学校での学級活動と部活、勉強の両立が出来ずにどんどん成績が落ちていっていた状況を、なんとか打開したい一心でした。そして、東進に入ったことが自分の新しい可能性を開花させるきっかけとなったのです。
 その頃の自分は、中学一年生の頃の勉強に対しての自信も消え、どうして良いか分からなくて毎日悩んでいました。しかし、東進では夏期講習で毎日確認テストがあり、まるでこんな自分を叱咤するかのように追い込んでくれました。一、二年の時の苦手や忘れてしまっていたところを改めて見直すことが出来ました。授業後に先生の所へ質問をしに行くと、分かりやすくかつ簡潔に教えて下さいました。今ふり返ってみても、あれほど充実した夏休みはなかったと思います。おかげで二学期のスタートダッシュは本当に良い物になりました。
 東進では、期末テストなどでも重要なポイントを分かりやすくまとめてくれてとても役立ちました。二学期の成績もぐんと上がり、立ち直ることが出来ました。
 そしていよいよ志望校について一直線となった二月、優柔不断な僕は志望校についてまだ悩んでいました。夏休みに見学した岐阜北高校と私立高校に合格したことで考え出した岐阜高校。学芸員になりたいという夢を叶えるために、よりレベルが高い高校に入りたいという気持ちはありました。しかし、どうしても踏み出せない自分でした。そんなとき、東進は力強く僕の背中を押してくれました。二者面談の時の塾長が僕におっしゃって下さった、「君には努力する力がある。十分挑戦できると思うよ。後は君の思い次第だね。」という言葉で、僕は決心できました。
 僕は東進に出会えて本当によかったと思います。これからも高校で精一杯頑張ります。