MEMOIRS東進見聞録

学長メッセージ

教育コラム

あるあるママ漫画

特別企画

各部門からのお知らせ

お子さまと楽しむクイズ

『ボウル一つでお手軽』 *フォンダンショコラ*

2016年01月20日[特別企画]

<材料>底5㎝高さ4㎝マフィンカップ4個分
板チョコレート      1枚 (50g)
無塩バター        25g (有塩バターで代用可)
グラニュー糖       20g
卵            1個
粉砂糖、生クリーム、ミント 各適宜



<作り方>
1.ボウルに板チョコレート、無塩バター、グラニュー糖を入れる。
  ボウルを湯煎にかけ、チョコレートとバターを溶かす。
2.1のボウルを湯煎から外し、卵を加え、泡立て器でよく混ぜる。ボウルの粗熱がとれ、
  生地がもったりとしてきたら、マフィンカップに流し入れる。
3.200度に予熱したオーブンで7~8分焼く。
  粗熱がとれてから型から外し、好みで泡立てた生クリーム、粉砂糖、ミントと共に盛る。

写真

<コラム>
肌寒い季節には、温かいスイーツが嬉しいですね。
今回は、バレンタインにもオススメなチョコレートを使ったスイーツのご紹介です。

今日のおやつに迷ったら♪
甘いものが欲しくなったら♪
そんな時に気軽に作っていただけると嬉しいです。

中からトロッと出てくるチョコレートが美味しい
″フォンダンショコラ″
本来は、周りの生地と、中のガナッシュ部分をそれぞれ作るのですが、
今回は、材料も工程も最小限に減らし、同じような食感を楽しめるように考えました。
高温短時間で焼き、中が固まる前にオーブンから出すのがポイントです。
焼き立てが一番美味しいので、アツアツを召し上がってくださいね。

写真では、100円ショップ等で購入できるマフィンカップを使用して作りましたが、
ココット等、耐熱容器に入れて焼き、スプーンですくって食べるのもオススメです。
大人向けには、ラム酒やブランデーを小さじ1程度加えたり、ビターチョコレートで作るのもいいですね。好みの味にアレンジしてお楽しみください。

チョコレートの香りは、とっても魅力的。
食物アレルギーのお子様にもチョコレート風味を楽しんでいただきたく
<おまけレシピ>を記載しますね。

【小麦、乳製品、卵不使用 ″ブラウニー″】
甘酒(希釈して飲むアルコール不使用のもの)105g
太白ごま油(もしくは、なたね油)      25g
米粉                   20g
アーモンドパウダー            20g
純ココア                 6g
B.P.                   小さじ1/2
くるみ(ローストして割る)        30g
全ての材料を混ぜて180度に予熱したオーブンで20分程焼く。

食物アレルギーの多い娘も大好きなスイーツの一つ。お口にあいますと幸いです。


 
 

 
筆者プロフィール 平沼亜由美
 
京都女子大学食物栄養学科を卒業して管理栄養士となったのち、料理学校勤務を経て、東京の自宅にて料理教室「*Bon appetit*」を主宰。料理と共に提案するスタイリングも好評。著書『シンプルで"大人かわいい"もてなしレシピ―予約が取れない料理教室「*Bon appetit*」の好評メニュー 』

写真