NEWS可児校からのお知らせ

小学生&中学生コース 可児校
NEW2019年11月06日 可児校

東進ゼミナール可児校を知る!|定期テスト対策

 

東進ゼミナールでは、各中学校の定期テスト時期に合わせ、

約2週間前から中学校ごとに分かれて

「定期テスト対策授業」を実施します。

 

通常の授業では、大抵の科目が学校の進度よりも先に進んでいきますが、

この定期テスト対策授業では、

各教科で定期テストに出題されやすい重要ポイントを

復習しながら弱点を強化していきます。

 

写真

 

授業では対策用テキストや対策プリントを使って、

「生徒自身が自分の力で課題を乗り越える」ことを目標に、

重要ポイントを強めていくことができます。

 

たとえば、昨日の中2英語では、

上の写真のような対策プリントを用意しました。

 

・対策授業で復習した単元:中2英語 Unit3

→当然、昨日の対策授業の対象であった全中学で出題される範囲です。

 

① 単語いきなりチェックテスト

・・・事前勉強なしで“いきなり”単語テストを行います。

  これにより、定期テスト前日までに自分が覚え直さなければならない英単語が浮き彫りになります。

 

② Unit3の教科書本文テスト

・・・教科書本文の中で、新しく出てきた文法や重要表現がきちんと定着しているかどうかが確認できます。

 

③ 文法“強化”プリント

・・・Unit3の文法である[不定詞]の3用法を復習しました。不定詞の3用法は日本語にした時の意味からではなく、英文の中での使われ方(位置)で判断できます。

 

対策プリントの①と②は、普段の通常授業でも使用していますが、

このUnitは先取り授業を行ってから数ヶ月が経過しているため、

忘れてしまっている生徒が数名いました。

未定着の英単語を覚え切る時間を単語テスト後に取りました。

 

 

このように東進ゼミナールのクラス授業では、

5科目それぞれについて、各中学校の定期テスト出題範囲に合わせて、

2週間前から定期テスト対策授業を行っています。

 

また、対策授業の他にも、

「8時間チャレンジ勉強会(通称:8チャレ)」に参加したり、

定期テスト前に東進ゼミナールの自習室を活用するなど、

東進ゼミナールの塾生達は定期テストに向けて準備しています。

 

定期テストも、部活も、入試も、

この「準備」が重要です。

準備する力【準備力】によって、同じことを行っていても、

結果は大きく違ってきます。

 

「違いをもたらす違い」とは、生まれつきの能力ではなく、

意識的・意欲的な行動力や準備力によって少しずつ違いをもたらすのです。

 

みなさんも、ぜひ東進ゼミナール可児校で、

「違いをもたらす準備力」を身につけて下さい。

教員一同、お待ちしております。

 

まずは、冬期講習を東進ゼミナール可児校で受講してみましょう!

 

※冬期講習の詳しい案内ページはコチラ

>> 中学生コース <<

>> 小学生コース <<

 

 

▼「東進ゼミナール可児校を知る!」シリーズ

  ※他のページもぜひご覧ください。

学ぶ目的【理念】

北浜塾長【講師】

小6算数【教材】

塾内テスト【システム】

自習室の紹介【環境】

勉学は挨拶から【理念】

本間先生【講師】

定期テスト対策【教材】