東進ゼミナール

先生ブログ

2019年09月25日 [多治見駅前校]

カロリーの話 その①

人間は,生きていくために1日約2000キロカロリーのエネルギーが必要といわれています。そのエネルギーのほぼ全てを食事で摂取しています。

 

食べ過ぎて運動不足になると太るのは当然ですね。蓄えたエネルギーが使われないまま体内の脂肪になって蓄積されるからです。

 

ヒトは大昔,その日に食べる肉や魚,野菜をその日に獲って食べていたので,日によっては満足に食べられない日も多かったのです。そのため,一気に食べて獲得した栄養分を,食べれられない日が続いたときのために,体内に蓄えておく機能が身についてしまったのです。ラクダと一緒です。現代社会となった今でも,その長い狩猟採集時代に身につけた機能のおかげで,現代人は食べるけど運動しないために太ってしまうわけです。

 

さて,その貯まってしまったエネルギー消費のために少し運動してみましょう。例えば,エスカレータやエレベータを使わずに階段を使いましょう。階段にして約50段,高さにして10メートルを昇ったら?

 

体重60kgとすると,

 

 60×10×9.8÷4200 = 1.4 (キロカロリー)

 

(これは物理で習う計算です。体重×10×9.8÷4200です)

(人間は他にも心臓など自分の意志とは関係なく勝手に動くものにもエネルギーを使うので,実際にはもっと多くのエネルギーを消費します)

 

のエネルギーを使います。たったの1.4キロカロリーです。晩ご飯分のエネルギーを消費しようと思ったら,3000段ぐらいの階段を昇る必要があります(笑)。

 

 

どうです? もう一気にダイエットする気がなくなりますよね?

特にごはんが大好きな人,ラーメンが大好きな人,スパゲティが好きな人,絶望的ですね。

 

次回は,そんな運動嫌いの人のために,食べても食べてもカロリーがない食べ物をご紹介します。