東進ゼミナール

先生ブログ

2018年12月16日 [小野] [西可児校]

何を基準に大学選びをしますか?

今日の記事は,

 

何を基準に大学を選ぶか?

 

というテーマですが,高校生よりも小学生や中学生のみんなに読んでもらいたいと思って書きます。

 

大学受験なんてまだまだ先だし,どの大学のどの学部で何を研究,勉強するかなんてイメージできません!

 

という人がほとんどでしょうね。

 

そ・こ・で。。。大学の食堂ってこんなところ!という話をしたいと思います。

 

小学校や中学校では,昼食と言えば「給食」ですね。

ボクも昔は4時間目の授業が終わりに近づくと,今日の給食は何かな~と楽しみで仕方なく,授業中の先生の言葉は全く耳に入ってきませんでした(笑)。

 

でも,大学には給食はありません(防衛大学校などごく一部の全寮制の大学は食堂で全員一緒に同じメニューの昼食を食べますけど)。

 

じゃあ,大学生は昼食をどこで,何を食べるのかというと,

 

学生食堂(略してガクショク)

 

で食べます。ただ,「ガクショク」は昭和の匂いがする古い言い方なので,最近は「カフェテリア」なんて呼ぶ大学も有ります。また,中には,大学の近辺にある定食屋やマクドナルドなどで食べる人もいます。

 

さて,このガクショク,メニューも豊富で値段は安くボリュームもあり,大学生には大人気です。大学生はお金に余裕があるわけではないので,安くて美味しいメニューは大歓迎です。

 

そして! 大学のガクショクは,お金さえ払えば基本的に「どこの」「誰が」入って食べてもいいことになっています。それこそ,大学の近くで働くサラリーマンも利用できるのです。A大学の学生がB大学のガクショクに行ってもいいのです。

 

大学によっては大学内に複数のガクショクがあったり,ステーキや寿司などの高級?料理を楽しめる店があったりします。

 

私も大学生時代には,別の大学のガクショクに侵入したりして,いろいろ食べ比べていました。中にはバイキング形式で,皿に盛った料理の値段が1g=1円という大学もありました。そしてこの大学,毎週金曜日は,皿に盛った料理のグラム数をプラスマイナス1g以内でピタリと言い当てると無料になるキャンペーンもやっていました。(ボクは1回だけ当たりました!←そのためにかなり練習した(笑))

 

中学生のみなさんも,時間があれば大学見学を兼ねて,その大学のガクショクで食べてみてはどうでしょうか?美味しければ,その大学に行きたい!と思うかもしれませんし,その後の勉強のモチベーションアップにつながるかもしれません。

 

何がどう転んで○×大学に行きたいと思うようになるか分かりません。ガクショクを基準に選んでもいいかも???